桜の季節がやって来たというのに新型コロナウイルスの影響で今年は桜も影が薄い。

9年前も同じだった。

東日本大震災が3月11日に発生。

人は桜を観て長い冬の幕を閉じるはずなんだが新型コロナウイルスでとんでもない幕が開いてしまった。

しかしその事についてどうのこうの言ったとてどうにもならない。

いつも言ってるが自分で守ること。

そして心を健康に保つことだろう。

その為にも春はやはり〝桜〟から目を背けてはならない。

そこでテリアバークスとしては歌で〝桜〟を咲かすことにした。

それも明日、3月11日にだ。

東日本大震災からちょうど9年目の明日だ。

桜を目前にお亡くなりになられた多くの方。

ご冥福をお祈りします。

しかし9年前の春の〝桜〟は誰の目にも悲しく映った。

〝桜〟って何か悲しみが漂う。

それは俺だけか?

どうもこれまでも悲しく見ていた。

そして明日、テリアバークスが贈る〝桜〟なんだけど、木村菜緒が亡くなられたお母さんに対して書いた曲だ。

昨年3月15日、菜緒のお母さんが亡くなられた命日に配信リリースしている。

いい曲だ。

余計なことだが菜緒がこのような曲を書くなんて思ってもいなかった。

曲、アレンジ、そしてなにより歌詞が凄いと思う。

あえて〝凄い〟という言葉を使ったのは、無駄な言葉がひとつも無い。

桜を観たいと言われてそれが叶わず桜の花を目前にして亡くなられたそうだ。

悲しい歌だ。

それをあえて明日から無料配信する。

新型コロナウイルスで大変だが、明日一日はもう一度9年前を思い出してこの曲を聴いて欲しい。

人はこんなにも大変な事を乗り越えて生きてるってことを思い出してこの度の事態も乗り越えれると思って欲しい。

凜香と花梨、二人の歌は実にいい。

「桜」

作詞作曲編曲  木村菜緒

明日からテリアバークスのスタジオ・サイトで無料配信開始します!

https://terrierbarks.com

そしてYouTubeにも映像付きで公開します!

お楽しみに!

wpmaster
admin@terrierbarks.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です