一昨日は菜緒のいる金沢と長野のスタジオで連携してレコーディングが行われた。

彩の新しい曲でタイトルは仮で「Stay」。

当然菜緒が作った曲だ。

テンポ60のスローなバラード。

そのレコーディングにみんなのプロ意識を見た。

実はこの一週間、彩のレコーディングが上手く行っていない。

彩が言う。

「歳だねぇ。」

そしてみんなに一週間時間をくれと頼んだ。

みんなは快く受けた。

そして昨日の朝から、彩が走り始めた。

それも朝の5時から5キロ!

そして午前中はボイトレ、午後は歌う。

こうやってしっかり計画して取り組もところは流石だと思った。

実はSAMIもこのところレコーディングが上手く行っていない。

なぜなら?

本人曰く、「メンタル的なこと。」

これは裏事情を明かすが、誰も彼もがレコーディングには頭を痛めている。

ベースのSHUにしても一日三時間はベースを弾いて試行錯誤している。

ピアノのYoshiも一日5時間ピアノの前に座って同じフレーズばかり練習している。

そして彩にしてもSAMIにしてもミュージシャンのこういう苦労を知っている。

だから一生懸命練習する。

それだけじゃない。

曲を作っている菜緒が最も苦労している事をみんな知っている。

そこにプロ意識が生まれる。

菜緒も平気でダメ出しする。

ミュージシャンもシンガーに平気でダメ出しする。

ダメ出しし合える。

これが何より必要なんだな。

ダメ出しされたシンガーは作家、ミュージシャンの苦労を知っているから気持ちよく受け止めている。

レコーディングって相当練習しないと出来るものではないんだな。

曲を作っている菜緒もだ。

曲を作り始めたら電話も出ない。

恐らく今日から菜緒もこもるだろう。

彼も追われている。

サウンドトレジャーのレコーディングも正直なところ上手くいっていない。

これも第三者に任せる事を提案した。

レコーディング・スタジオに身内の感覚が漂ったら終わりだ。

やはりプロ意識の中に入れば良い作品が生まれる。

それをサウンドトレジャーにも取り入れる事にしようと菜緒に伝えた。

結果、良い作品が出来ればいいんだ。

その為には今はプロ意識の中で厳しい環境を作ること。

サウンドトレジャーのレコーディングを早急に進めるように伝えた。

あまりにも時間がかかり過ぎている。

今がチャンスなんだから!

それに初音ミクなど利用してチャンスの扉も開きっぱなしだ!

彩がボイトレを始めた。

恐らく一時間はうるさいだろう。

このような事態だからこそ生まれる集中力がある。

テリアバークスもサウンドトレジャーもみんな頑張っていい作品を作ろう!

気がついてる奴は忙しくなってるよ!

テリー

wpmaster
admin@terrierbarks.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です